2016年2月17日水曜日

不動産のデータ分析と後輩の夢

最近は、株価が大荒れです。六本木ヒルズの株式会社カクセイの、せめて自社の株価はあげるために頑張る担当の渡辺です。

先日、私の可愛がっていた不動産業界の後輩君が、転職の挨拶にやってきました!

≫3月にオープン予定の東急プラザ銀座≪

ずいぶんと会っていませんでしたが、いくらか成長したようで、随分と勉強もして、経験も積んだようで、一人前の顔になっていました。

以前は、毎夜のように、私が勝手に始める「不動産の仕事とはなんぞや話」を、ウンウンと聞いてくれていたのが、ついこの間のように思い出し感慨深いものがありました。そんなことやってたから、あいつ彼女とも別れたんだっけかな?

そんな迷惑な先輩だった私を恨みもせず、訪ねてきてくれる事は、幸せな事ですね。

そんな、彼も次のキャリアステップを考えて、現職に見切りをつけて、転職先を吟味し、第一希望に見事採用したとのことでした。

そうか。そうか。良かったな。

KAKUSEIに、入社申込に来たんじゃないのか。

そうか。そうか。

やっぱり、彼女と別れる原因だったか、私との拘束時間は。

そうだよな。同じ過ちは繰り返せないよな。

と、他業者さんへ、転職したことを惜しみつつも応援させて貰おうと思っております!

そんな彼がもってきてくれた、土産話が面白い話だったので、この場でご紹介。

先日、彼が参加したある不動産業者の勉強会セミナー

新進気鋭の不動産業者の社長さんが、同業者の前で、語った話に感動したとのことで、レジュメ資料を見せてくれました!

すると、いかにも理論的な分析を表す、表やグラフや数式が、、、。

要するに、膨大なデータから、一定の数式に当て込んでいけば、そのエリアや物件の、適正な価格査定ができるようになるとのことです。
そうなると、不動産の流通が円滑になって市場が活性化するとかなんとか、、、。

「渡辺さんも、CPMⓇ( Certified Property Manager )、資格試験、当時首席で合格したから、こういう数字で分析する不動産、得意で好きですよね!?」

と目を輝かせて聞いてくる彼に、私も冷静にひと言。

「うん、得意だけど。データで説明するのが得意なだけで、データで不動産を判断してたら失敗するよ?」と返すと、

「・・・・。えっ!?」

と、いうので、

「こういうのやりたいんだったら、止めといた方がいいよ。」と言うと、固まってしまいました、、、。

「データがでーたー頃には、相場だとかトレンドが変わってたりさー、不動産は相場だけで、判断してたら儲からないよー?」

何て言うと、もっと固まってしまいました、、、。

なんてこったい!つづく!


不動産運用は「KAKUSEI」へ!
※お問い合わせやご依頼等は、

0 件のコメント:

コメントを投稿


不動産運用は「KAKUSEI」へ!