2016年8月1日月曜日

新築アパートと劣化等級取得で融資期間が延びる話

株式会社カクセイの武中です。
先日、は自由が丘のとある地方銀行に伺ってきました。

街の雰囲気が落ち着いていて住みやすそうです。千葉県を抜けだしていずれ住んでみたいものです。単身の身でしたら、すでに千葉は抜け出して都民になっているかもしれませんが、、、。



さて話は変わりますが、先日は弊社企画物件をご契約頂きましたクライアントの方の融資の本承認が降り、お引き渡しをさせて頂きました。

今回も劣化等級2級を取得して、木造ながらも返済期間30年間で承認が降りました。

また融資条件についても、銀行担当者さんの尽力によりクライアントの方に当初、ご提示させていただいた条件よりも大分良くなり、クライアントの方にも大変お喜び頂き私も嬉しい限りです。

今回の融資条件は、

・物件金額の100%以上
・金利 1%前半
・返済期間30年間

融資額95%位しかでないですよ〜なんて当初は言われていた担当者さんですが、諸費用の一部まで貸し出して頂きました。今回の借入先は某地方銀行となります。

銀行担当者さんは、とても丁寧できっちりしている方ですが今回で、大体その担当者さんの、好む案件もわかってきました。

この案件、クライアントの方のご案内はもちろん、役所調査、現地調査に工務店や賃貸管理会社等に何度か足を運びましたので、街にも愛着が湧いてきました。

土地の決済は終了しましたが、これから建物の確認済証を取得して、建物の完成とまだ現地に伺うことがあると思いますので、ブログにて続報します。

これからも良い不動産のご購入とセットで良いファイナンス条件をご提示できるよう頑張ります!!

不動産のご購入、ご相談事は弊社カクセイにお任せください!!



不動産運用は「KAKUSEI」へ!

0 件のコメント:

コメントを投稿


不動産運用は「KAKUSEI」へ!